google-site-verification=qF6Qidfs8-RYqrtYzs084kUt7HjmWIx2aty7a682V4s google-site-verification=qF6Qidfs8-RYqrtYzs084kUt7HjmWIx2aty7a682V4s

【徹底比較】ユニットバスとセパレートバスのメリット・デメリット

こんにちは!たまです!

 

“ユニットバスとセパレートバスどちらにしようか悩む〜”

 

って言うあなたのために二つを徹底比較していくので参考にしてみてください!

 

ユニットバスとは

 

本来の意味はお風呂を作り上げる過程で床、壁、天井や浴槽などの部品をセットで工場生産し浴室で組み立てられたお風呂のことを指します。

 

なのでトイレ、洗面台と浴槽がまとまっている形だけをユニットバスと呼ぶとは限りませんので気をつけてくださいね!

 

f:id:tttk3692:20190710013126j:plain

洗面台・浴槽「二点ユニットバス」なのか、トイレ・洗面台・浴槽「三点ユニットバス」なのかを確認することも大切です。

 

ここまでは少し余談ですが比較をわかりやすくするため三点ユニットバスを取り上げて比較していきます!

 

セパレートバスとは

 

トイレと洗面台、風呂が完全に別れているタイプのことです。

 

セパレートとは英語で別々という意味なのでそこからきています。

 

2つの違いをざっくり知っていただいたところでさっそく比較していきましょう!

 

2つのタイプのメリット・デメリットの比較

 ユニットバスのメリット

①掃除がしやすい

風呂とトイレが一緒になっており全て一気に掃除ができちゃいます!

 

水に濡れても大丈夫なのでシャワーの水で便器の中を洗うことだって可能です。

 

この記事では具体的な掃除の仕方を取り上げているので合わせて参考にしてみて下さい。

 

www.positive-tama.work

 

②家賃が安い・リビングが広くなる

ユニットバスの場合トイレのスペースは要りませんよね。

 

すると家の面積は小さくて済むので家賃を抑えられます。

 

または同じ家賃でもトイレの分をリビングスペースに活用できるので部屋の面積を広いところに住むことができます。

 

③お風呂の時間を短縮できる

ゆっくりするスペースも無く立って洗わなければいけません。

 

そのためお風呂の時間は短縮され、お風呂の時間が減れば水道代も軽減されるのです。

 

ユニットバスのデメリット

①お風呂に浸かれない

そもそもユニットバスにはお湯を張る機能がついていないです。

 

例えシャワーでお湯を張れたとしても洗うスペースがありません。

 

ユニットバスを選択した場合にはお風呂には浸かれないと覚悟しておいて下さい。

 

②ゆっくりお風呂に浸かれない

メリットにあげたお風呂の時間を軽減できるというのを逆に捉えるとゆっくりできないのです。

 

あなたがお風呂をリラックスしてゆったり入りたいのであれば向かないかもしれません。

 

③一人がお風呂に入るとトイレが使えない

お風呂に入っている間に誰かがトイレをしたくなってもすることができません。

 

友達が頻繁に来るお家だと少し困ってしまうかも…

 

セパレートバスのメリット

①ゆったりお風呂に入れる

当たり前ですがトイレと別だと体を洗うスペースと浴槽を分けて使うことができます。

 

f:id:tttk3692:20190710013248j:plain

お湯を張ることも座って洗うこともできるのでリラックスして体を休めながらお風呂に入れますよね!

 

②他の人が風呂に入っている間もトイレに入れる

トイレは別についているので他の誰かがお風呂に入っていても関係なくトイレに入ることができます。

 

③(機能があれば)浴室乾燥ができる

これは機能が付いていたらですが洗濯物を浴室で乾燥させることも可能です。

 

雨の日でも洗濯物を乾燥させられるのでセパレートで乾燥機能がついていればとっても便利です!

 

セパレートバスのデメリット

①家賃が高い・リビングが狭くなる

トイレを別のスペースに設置するため家賃が高くなってしまいます。

 

②掃除が大変になる

ユニットバスに比べると風呂場に加え脱衣所やトイレを掃除する手間が増えてしまいます。

 

比較してみて

 どちらも経験しているのでぼくが思うメリット・デメリットをあげてみましたがどうでしたか?

 

新たな発見もあったのではないでしょうか。

 

お風呂を重視するのか、かかるお金を重視するのか様々いる中であなたはどちらを選びますか?

 

この記事を参考にして選んでいたでけると幸いです!