google-site-verification=qF6Qidfs8-RYqrtYzs084kUt7HjmWIx2aty7a682V4s google-site-verification=qF6Qidfs8-RYqrtYzs084kUt7HjmWIx2aty7a682V4s

【ダンス】アイソレーションは一番重要!初心者が上達しない理由

こんにちは!たまです!

 

“ダンス始めたばかりで何を練習しよう”

“ダンス始めて少し経つけど全然上達しない”

 

って思っているあなた!

アイソレの練習はしていますか?

 

アイソレを疎かにしていたら上達しません。

 

まずアイソレって何っていう人がいたら知るべきです。

 

アイソレとは?

 

アイソレーション(isolation)の略。

英語の日本語訳としては分離・独立を意味です。

 

ダンスで使うときは分離・独立というところから体の様々な部分をを独立させて動かすということを言います。

 

アイソレを習得できれば人間離れした動きも可能になり見ている人を魅了することも…

 

ここまで上達するにはまだ時間がかかるので基本的なところをおさえていきましょう!

 

なぜアイソレが大切なのか

 

アイソレだけを使うような直接的に振りで使うことは少ないのですが多くの場面でアイソレが必要になってきます。

 

アイソレができていないとしなやかに踊ることができません。

 

単純そうに見えて奥が深くて難しいんです!

 

f:id:tttk3692:20190702131215j:plain

なのでアイソレをできていると思い込んで疎かにしてしまうと上達するのがとっても遅くなってしまいます。

 

特にダンスを始めて間もない人は手を抜かずアイソレの練習を丁寧に沢山やりましょう。

 

アイソレの練習

 

アイソレで動かす部分は沢山あるのですが最初のうちは首、胸、腰のアイソレを極めるべし!

 

各部分をなるべく大きく動かせるように練習します。

 

基本的な姿勢

 

足は肩幅ぐらいに開きリラックスして立ちます。

この時に緊張して肩が上がらないようにしましょう。

 

アイソレの練習の仕方

 

動かす部分を前・右・後ろ・左というように動かしていきます。

曲に合わせて動かしていきましょう。

 

文章で説明するのはとても難しいのでアイソレのやり方はYoutubeなどの動画を参考にしてみてください。(ごめんなさい…)

 

自分の好きな曲で練習すれば飽きずに継続できると思います!

 

練習するときのコツ

 

鏡などで自分の姿を見ながら練習するようにしましょう。

 

あとで紹介しますが鏡を見て練習することはとても大切なことです!

 

自分が動かそうと思っている体の部位だけが動いているか確認してください。

 

逆に言うと、動かしたい部位以外が動いていないか確認してください。

f:id:tttk3692:20190702131322j:plain


むしろ後者の方が大切です!ほんとに大切!

 

ダンスしているときも動かしたい部位以外を動かさないことで綺麗に見えるのでこの時期から意識しておくと上達が早いです。

 

動かしたい部位以外が動いていたらアイソレとは呼ばなくなってしまいます。(アイソレを組み合わせたりもしますが今回は考えないことにします。)

 

アイソレを練習するとリズム感も身に付く

 

ダンスを始めたばかりでリズム感がないって悩んでませんか?

 

この問題もアイソレの練習をすれば身に付きますよ!

 

アイソレをする時にカウントを数えながら練習しなければいけないので自然とリズム感が体に染みつくのです!

 

まるで一石二鳥ですね!!!

 

日々の継続で上達する!

 

どんなことにも言えますが、継続はとても大事です!

 

特にアイソレは地味で単純なのでつまらないかもしれませんが上手くなるために継続して練習しましょう!

 

地味な練習こそ上手くなる近道です。

 

騙されたと思ってまず3ヶ月継続してみましょう!